指標

目次

概要

主にクリアしたゲームを様々な観点から評価するための基準。Windowsのマインスイーパの指標はTimeを基準としたスコアのみだが、これまでに数多くの指標が考案されている。
その為、なるべくとっつきやすいようにざっくりとした対象者のレベルによって解説する指標を絞ってある。
全ての指標を理解しておくことに越したことはないが、上から順番に重要な指標を並べてあるのでレベル順に覚えてもらうことが望ましい。特に中級者向けまでの指標は頻繁に使うものばかりである。
また、指標の解説は分かりやすさを重視しており、なるべく簡潔なものに留めてある。

より詳しい解説が見たい人はこのブログにまとめてあるのでそちらを参照して欲しい。

初心者向け

Time

ゲームのクリアにかかった時間。Timeを縮めることはマインスイーパをプレイする重要な目的の1つである。

3BV

盤面の難しさを表す指標。大きいほど難しい盤面である。
定義は「左クリックだけでクリアするために必要な最小クリック数」。
minesweeper.infoで記録として認められる下限値は初級2、中級30、上級99であり、Arbiter,Vienna,Xではこれ以下の盤面が出現しないようになっている。

3BV/s

盤面を解く速さを表す指標。数値が大きいほどよい。
3BV / Time で表される。
3BVが大きな盤面で大きな値になりやすい。

中級者向け

Left

左クリックの回数。

Right

右クリックの回数。

Double

両クリックの回数。

Cl

クリック数の合計。
Left +Right +Double で表される。
クリック類は押した回数そのものよりも、 Cl / Time で表される1秒あたりの平均クリック数(Cl/s)が注視される。
3BV/sに直結する操作速度の大事な目安。

Flags

旗を立てた数。

IOE

盤面を解くクリック効率を表す指標。数値が大きいほどよい。
3BV / Cl で表される。
また、3BV/s = Cl/s * IOE としてCl/sと同じく3BV/sに直結する指標。

EstTime

現時点での予測クリアタイム。
3BV / 3BV/s で表される。
その時点の3BV/sのまま盤面をクリアすると仮定した時のタイム。

RQP

3BVに関係なく盤面を解く速さを表す指標。数値が小さいほどよい。
Time * (Time + 1) / 3BV で表される。 
異なる3BVの盤面を比較する為の指標。初級と中級といった違う難易度では比較は不可能。
また3BVに依存しないような指標として考案されたが、3BVが大きい盤面の方が若干悪い値になりやすい。

ZiNi

盤面の難しさを表す指標。大きいほど難しい盤面である。
おおよその定義は「クリアするために必要な最小クリック数」。
3BVとの違いは右クリックや両クリックも考慮する点。

Ops

空白マスのかたまりの個数。
空白マスとは周囲8マスに地雷がないマスであり、開かれると自動で周囲8マスを開く特性がある。
空白マスの周囲に別の空白マスがあればそれも自動で開かれていき、そうした空白マスの連なりがOpsである。
空白マスに隣接している自動で開かれる数字マスをクリックしてしまうのは無駄なので、特に初級と中級では、Opsが多いとタイムが遅くなる傾向にある。


ops.png

Isls

空白マスに隣接していない数字マスのかたまりの個数。
数字マスには、上記のOpsによって自動で開かれるマスと3BVに含まれる自力で開かなければならないマスがある。このうちの3BVに含まれる数字マスの連なりがIslsである。


isls.png

Path

カーソルの移動距離。
Clと同じく Path / Time で表される1秒あたりの移動速度(MoveSpeed) の方が重要。

上級者向け

Corr

クリックの正確さを表す指標。数値が大きいほどよい。
開くマスがないのに両クリックをしたり、間違って旗を立てたりすると、そのクリックは無駄となり、そうではない有効なクリックをC-effとして、C-eff / Cl で表される。
全体のクリックのうち、どれだけの割合で有効なクリックをしているかであるのでパーセントで表記されることもある。

Thrp

盤面を解くクリック効率を表す指標。数値が大きいほどよい。
3BV / C-eff で表される。
クリックが100%正確だったときのIOEとも言える。
IOE = Corr * Thrp として正確性と効率性にIOEをより詳しく分解できる。
NF(旗なし)では1クリック1マスしか開けない性質上Thrpを高めづらく、対してFL(旗あり)では高めやすいのでFLプレイヤーが特に上げるべき数値である。

CeS

有効なクリックの速度を表す指標。
C-eff / Time で表される。
Cl/sが全てのクリックに対する1秒あたりの平均クリック数ならば、こちらは有効なクリックに限定したもの。
また 3BV/s = CeS * Thrp として分解でき、NFはThrpに限界があるため、NFプレイヤーが特に上げるべき数値である。

H.ZiNi

ほぼZiNiと同じ。より人間の行動に近い想定らしい。

QG

3BVに関係なく盤面を解く速さを表す指標。数値が小さいほどよい。
RQPの欠陥を修正した3BVによって全く左右されない指標。
Time ^ 1.7 / 3BV で表される。

ZNE

ZiNiに対するクリック効率を表す指標。数値が大きいほどよい。
IOEが3BVに対するクリック効率ならば、こちらはZiNiに対するクリック効率。

HZNE

ZNEのZiNiがH.ZiNiの場合。

ZNT

ZiNiに対する有効クリック効率を表す指標。数値が大きいほどよい。
ZNEの総クリックが有効クリックである場合。

HZNT

ZNTのZiNiがH.ZiNiの場合。

IOS

いらない子。
(log(3BV)/log(Time)で表される)


添付ファイル: fileisls.png 838件 [詳細] fileops.png 900件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-17 (土) 20:30:51 (881d)